CD付きで【世界一わかりやすい!一夜漬けタイ語】

いらない海外保険に入るその前に見て!

まだ海外旅行保険で消耗してるの?

style=”display: block;” data-ad-slot=”4696170768″ data-ad-format=”auto”>
サワディーカップ!

このぐらいは本を読まなくてもできましたが。

毎年英語力向上と、もう1つ新しい言語を日常会話程度できるくらい勉強にしています。

今年はタイ語Yearです。

|中央タイ語

タイ語について調べていて面白いことがわかりました。

狭義では中央方言(中央タイ語)を指す。中央方言のなかでもバンコク地方の方言をベースにした標準タイ語が文章やメディア、式典などで用いられる。ここではこの標準タイ語を狭義のタイ語として記述する。なお、標準タイ語とバンコクの庶民の言語(バンコク語)には日本語で言う標準語と東京方言程度の違いがある。広義では北タイ語やイーサーン語などタイ国内で話されるタイ語系言語全てを指し(#方言参照)、更にはラオス語などタイ国外のタイ系諸民族が話すタイ語系言語をも含むことがある。タイ・ラオス国内では、タイ語を母語としない華人や少数民族もタイ語に堪能な人が多い。

ぼくたちが普段見聞きしているタイ語と、学ぶタイ語は乖離している場合が考えられます。
実際にパタヤなんかでは、イサーン(タイの東北)出身者が大多数で、独特の言語をしゃべっています。
※イサーン語もまとめます。「パタヤに行くならイサーン語(仮)」

が、基本はやっぱり大事というか、ビジネスに使うのはきっと中央タイ語なので、こちらを学んでいきます。

今回はこの本を購入しました。


世界一わかりやすい!一夜漬けタイ語 ― 初めてのタイ語学習 旅行・出張に! ぶっつけ本番でも話せる!通じる!

ぶっつけ本番で通用はしないけど、基本的な部分は非常に分かりやすくまとめられています。

|場面別(シーン別)これだけは覚えておこう

基礎的な文法や発音の他に、「病院で」とか「レストランで」などのシーン別必要文法集が優れていました。

これはペンですか?」よりも「このパッタイを辛くしないで下さい」の方が身にしみます。※ぼくはね。

仕事でなくとも、タイ語が少し喋れるとタイ旅行が何倍も楽しくなります。
さらに日本人が急にイサーン語なんか話した日には、その辺一体が騒然としたりします(笑)




面白くなくてもシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です