Mario Warfareを見て死ぬべき(日本語字幕あり)

いらない海外保険に入るその前に見て!

まだ海外旅行保険で消耗してるの?




任天堂関連では最近こんなニュースがありましたが、

任天堂、公道カートレンタルサービス「マリカー」を提訴–著作権侵害行為などで
https://japan.cnet.com/article/35097148/

「お客様で迷子になった方も…」任天堂から提訴された“株式会社マリカー”声明発表
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6231176

Youtubedeかなりおもしろい動画を発見しました。
作品自体は2012〜2013年にかけて公開されているものなので、「おいおいいまさらかよ」と思わるかもしれませんが、
恥を忍んでもまだ見ていない人に見てもらいたい。

簡単に言うと、マリオの実写化です。
物語はキノコ王国とクッパ軍との戦争で、ピーチ姫とキノコ王国を狙うクッパを、マリオが戦うというもの。

正直、見て内容を知ってもらいたいので多くは語りたくないですが、マリオがというより、マリオ達が戦います。
そうです、マリオだけじゃないんです。
もちろんルイージだけじゃないんです。マリオ以外の任天堂作品のキャラがたくさん出てきて一緒に戦います。(任天堂以外もあり)
マリオの実写化を越えて、大乱闘スマッシュブラザーズの実写化と言っても良いでしょう。
キャラは若干デフォルメされていたり、若干雑な扱いのキャラもいたりしますが、それでも十分にワクワクします。

本編はPart1~8で構成されており、各10分〜15分くらいなのでさくさく見進める事ができます。
音声は前編英語ですがPart7までは日本語訳が実装されているので、英語が苦手なかたでも楽しめます。
Part8〜は英語字幕で見れるので英語が苦手な方でも、じっくり見れば意味が分かる内容になっています。

そして何よりオチが秀逸です。ぼくはゾワゾワっとしてしまいました。
これを暇つぶしに見てくださいとはちょっと言い難いくらい、良い作品なので是非見てください。




面白くなくてもシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です