【女子旅】タイ旅行に女子が行きたくなる魔法の魅力を4つのポイントでまとめる

いらない海外保険に入るその前に見て!

まだ海外旅行保険で消耗してるの?





 【今注目の記事】
「まだパタ」ってなに?
まだ海外旅行保険に入ってる情弱っているの?
▶タイでモテたい人が最初に読むべきTips

女子旅も楽しいパタヤの魅力!

ゆるふわなぼくがこの記事を書くよん♪

はい、ちょっと女子っぽさを出しましたが、女子旅って本当に流行ってますね。
まあ、昔からやっていたんだろうけど、「女子旅」って言葉が流行り始めたのは最近。
とにもかくにも、女性が働くことが当たり前になっているし、役職持ちや高収入になっている背景、
結婚するタイミングも昔よりも晩婚化している中で、海外旅行に女性だけで行くことが当たり前になっているよね。

で、海外旅行の中にもいろんな国の選択肢がある中で、なぜぼくがタイの女子旅をオススメするか4つのポイントでまとめてみます。

1,とにかく航空券が安い!

ぼくの中で海外旅行のハードルがガクっと下がったのは、航空料金が安くなったことがあります。
ここまでLCCが台頭してきているのに、日本人ってまだ意外とLCCのこと知らなかったり利用したことない人が多くてクリビツテンギョウ

たとえばスカイスキャナーで東京(成田)⇒タイ(バンコク)で調べれば、かなり安い航空券が見つかる。
ぼくがいつも利用しているタイ・エアアジアXなら、20,000円〜30,000円で航空券を購入することができる。

それも、往復券で。
往復で30,000円だった、東京駅から新幹線で一関に行くよりも安い!
平泉に行くなら、バンコクのワットポーに行ったほうが金ピカで楽しいぜよ!

2,タイ料理が安くて美味しい!

日本も数年前からタイ料理ブームで、特に東京なんかはタイ料理激戦区もあるくらいタイ料理屋さんがひしめいている。

東京タイ料理激戦区で輝く、小岩クンヤーイは味・雰囲気がタイすぎる!

2016.04.01

しかも、タイで食べるタイ料理は、日本で食べるタイ料理よりも圧倒的に美味しい!
たしかに辛いんだけど、汗吹き出しながらビールで流し込むタイ料理はもう最高としか言いようがない。

値段も申し分なく安いんんだよね〜。
日本で食べるとちょっと高いタイ料理(もしろん人件費や諸経費を考えると適正価格なのは知っている)は、もはや食べる気がしなくなるレベルで安い。

IMG 2491 3

日本だったら1000円するガパオライスも150円もあればたらふく食べられる。

また、バンコクには様々な種類のレストランがあるので飽きることなく食事を楽しめることができるし、バンコクから車で1時時間半のパタヤビーチでは、安価で美味しいシーフードを食べることができるお店もたくさんある。

IMG 1516

パタヤで食べることができる、ロブスターのガーリック炒め!
これも日本で食べるのの3分の1程度の価格で食べることができる。




3,マッサージも安く上手い!

男子より、女子のほうが好きなマッサージ。
タイではタイ古式マッサージはもちろん、エステなども安く楽しむことができます。
実際にタイに行ってマッサージを受けて感じるのは「日本より上手い!」ってことです。
やはり本場ということと、経験値が高いので体に効くマッサージをしっかりとしてくれます。

パタヤで毎日3時間マッサージを受けて分かった、タイマッサージの種類と上手く受けるコツ。

2016.01.23

そして何よりも安い!
日本でタイ古式マッサージを受けようとしたら、最低でも1時間/3,000円くらいからのスタートだけど、タイなら1時間/800円からタイ古式マッサージを受けることができます!
パタヤビーチに行けば1時間/300円のマッサージもあるくらいタイ古式マッサージのコスパが良いです。

パタヤのマッサージは1時間300円だけど、どの店に行けばいいのか知っている人は少ない

2016.04.15

4,ホテルのレベルが高い!

結論から言うと、日本でいうビジネスホテルの価格で、1流ホテルのスイートに宿泊することができます。
これは本当に、タイに行く度にいいな〜と思います。

たとえば日本で言う一般的なビジネスホテルが、「寝るだけ1R」が一泊8,000円だとしたら、タイならキングサイズベッドルーム1DKのお部屋に泊まれちゃいます。
Agodaで調べれば簡単に安くて良いホテルを探すことができますよ〜。ぼくはいつも1,500円位でキングサイズベッドの部屋に悠々と泊まっています♪
しかもプール付きですよ!

ナナプラザ周辺で泊まるべきコスパ重視のホテルまとめ

2016.04.11

あと、タイビーチリゾートのできるパタヤでだったら、格安でヴィラ(貸し切り別荘)を借り切ることができます。
ヴィラならナンパもされずにゆっくりと女子旅メンバーで寛げるので最高ですね。
ぼくは仲間内で年に1回パタヤのヴィラを借りきって、気兼ねなくどんちゃん騒ぎしています♪

パタヤではヒルトンホテルよりヴィラ(貸別荘)がオススメなんですよ!

2015.12.20

タイに女子旅したくなるオススメまとめ

上には書いていないけど、弾丸旅行で行けるのも魅力ですね。
たとえば、金曜の仕事終わりに空港に向かってタイに飛び立って、翌日は1日フルで遊ぶ。
2日目はお昼すぎまでご飯食べたりおみやげ買って、15時くらいの飛行機に乗って日本に帰る。
これでも十分にタイを楽しめます。

逆にある程度眺めのお休みが取れるなら、バンコクから離れてパタヤやプーケットに行って非日常体験をするってのも良いですね!

いずれにしても、最高の女子たびになること間違いないので、次回の女子旅はタイにしてみませんか?

今日ご紹介した各種予約サービスは、

⇒格安ホテルを賢く予約したいならAgodaから!

⇒格安航空券をすぐに予約したいならスカイスキャナー!

GWや盆暮れ正月は、日本からの観光客が爆発的に増えるので、早めの予約/購入をオススメします!





面白くなくてもシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です