【悲報】パタヤWSはAM3時閉店へ、買春も禁止になります

いらない海外保険に入るその前に見て!

まだ海外旅行保険で消耗してるの?




いやー、これから色々と動きそうですね。
毎年同じことやっている感じもしますが。
これから日本の夏休みシーズンでタイに行かれる方も多いでしょうが、まだパタニュースで情報収集しましょうね。

パタヤWSは全て3時閉店へ

けっこう閉店時間って店によってや、時期や客の入りで変わったりしますよね。
特にLKメトロなんて客がいなきゃさくっと閉めちゃう感じ。
パタヤウォーキングストリート(WS)は朝方まで営業しているバーやディスコなどがたくさんありますが、これらすべてのバーの営業時間がAM3時に統一されるようです。
きっと各店とも警察への賄賂や目を盗んでお店を開けたりはするんでしょうが、規制が始まってから数日から週間はしっかりとルールを守る可能性がありますね。

記事ソース→Pattaya Walking Street bars warned: No prostitutes, no guns and be closed by 3am

こちらのリンクに飛んでもらうと、パタヤWSの新しい目標が掲げられています。

No persons under 20 years of age allowed
No drugs
No prostitution
No guns, knives and weapons

20歳以下の人間いない!

薬物もない!

買春もない!

銃も武器もない!

けっこう普通のことを言っている気が・・・
安全に夜遊びできるのはいいことですね。
瓶ビールも喧嘩のとき危ないからタイでは禁止にしてほしいな♡

買春の禁止とは?

prostitution:買春についてですがこれは日本と同じルールです。
買春を法的な意味合いでいうと、「管理売春」が禁止されているわけです。

管理売春(かんりばいしゅん)とは、人を自己の管理下におき、これを売春させる行為。

簡単に言うと、買春を斡旋して利益を得ることが管理買春です。
その管理買春は日本でもタイでも禁止されています。

きっとおそらく今回ここで新しい目標に打ち出されたprostitutionは管理買春で、単純買春のことを指しているということではない気がします。
(単純買春は買春を立証できない・しにくい)

日本のソープも仕組みは同じですが、基本的に自由恋愛のもとすべてのことが進んでいるという設定で、あくまでお店はお店、そこにいる人達が何をしようかは自由ということです。
とんでもないご都合主義な仕組みですがww
人間の英知を絞った結果ですね。人間最高!

なんか書いていて思ったんですが、去年も同じような説明をしてニュースを書いた記憶があるので、去年と何の進歩もしていない町ですね。
さすが世界の底、パタヤタイランド。

タイ政府は観光地化したいみたいですが、観光するところなんてないし、海汚いしバンコクから遠いし、全然いいところないよね。
サーフィンもできないし別にサンゴ礁があって熱帯魚がいるわけでもなく。
巨漢の西洋人が身長差40cm体重差100kg年齢差20歳みたいなタイ人女性を連れてブヒブヒ言ってる町に何を求めているのだろうか?

いっそのこと、葉っぱも薬物もカジノもバンジージャンプも全部全部解禁にしてハイパーパタヤタイランドになったほうがいいんじゃないか?
イメージとしてはディズニー映画ピノキオに出てくる、ファウルフェローとギデオンに騙されてついて行っちゃった遊園地的な。
遊ぶだけ遊びつくして廃人(ピノキオではロバ)になってしまうような、そんなファッキンクレイジータウンを作ってみてはどうかしら。

あははははははははははははは




面白くなくてもシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です