パタヤのアフリカン売春婦摘発/ソイブッカオ開発地域:パタヤやぶにらみ

いらない海外保険に入るその前に見て!

まだ海外旅行保険で消耗してるの?




Pattaya Clean-Up Continues as African Prostitutes Rounded Up
http://pattayaone.news/en/african-prostitutes-pattaya/

Girl black

少し前のニュースだがパタヤのアフリカン売春婦が摘発されている。
ウガンダやマダガスカルからの出稼ぎ労働者たちである。
観光ビザで入国して、体を売って生活費を稼いで国へ帰るというもの。
日本人でアフリカ人を買う人けっこういる、たまーに歩いているのを見るが主にファラン(西洋人)向け。
パタヤに巣食っているアフリカ人は、まあけっこうどぎついタイプが多い。

最近の動向としては、出没地域が拡大したように感じる。
以前は主にウォーキングストリートのバリハイ寄りのバーだったり、ビーチロードの立ちんぼだったりしたが、
最近だとソイメイドインタイランドやソイダイアナ当たりでも客引きをしているのを見かける。
こんなアフリカン売春婦は、タイ人からの評判?がすこぶる悪い。まるで汚物を見るかのような扱いだ。
タイ人の差別意識は思っている以上にある。
今後もっと取材と調査が必要なのでまだ書けないが、タイのLGBTへの意識についても書いていきたい。
日本人のあっさりとしたタイへの意識だと「タイってニューハーフ(レディーボーイ)もたくさんいて、社会に溶け込めているんでしょ?すごい!」みたいなイメージを持たれているかと思うが、実際はどうなのだろうか?
ぶっちゃけかなり差別意識や下に見ている感はあると思う。この辺は後日。

一連のパタヤクリーンアップ作戦は着々と?進んでいるのかもしれない。
安全で綺麗、家族連れの楽しめる糞つまらないパタヤはすぐそこまで・・・




パタヤソイブッカオの開発地域についても触れておく。
TreeTownという名称で絶賛開発中だ。

IMG 5546

場所はソイSkawビーチの脇。
1年ほど前までは何か廃墟が立ち並ぶ、ソイブッカオでもイチオシの暗い場所だったのに、気がついたら再開発が始まっていた。
今のところ絶賛売り出し中なので、パタヤに何かしらの出店を考えている方は検討してみてはいかがだろうか?
ちなみにいまのところソイブッカオ沿いに数店舗、ソイSkawビーチよりに数店舗お店ができているのと、小道に屋台が出始めている。
この屋台も賃貸物件対象なので注目しておこう。

IMG 5547 IMG 5560

いずれにせよ、パタヤ随一の薄汚い、万年ドブ臭がして、強い雨が降ればアッという間にドブ冠水するソイブッカオが少しづつ変化してきているのかもしれない。
沈没組は新たな沈没先を探し始める可能性もある。
なんだろう、綺麗なところが好きな人はパタヤにいないからね。




面白くなくてもシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です