エアアジアXで欠航時に取れる3つの選択肢とは?

いらない海外保険に入るその前に見て!

まだ海外旅行保険で消耗してるの?


follow us in feedly

style=”display: block;” data-ad-slot=”4696170768″ data-ad-format=”auto”>




にほんブログ村 タイナイトライフ情報(ノンアダルト)

 

LCC活用してますか?
機内食も飲み物もブランケットもないけど、圧倒的な価格で海外に行けるのは魅力的ですね。

ぼくは、まずい機内食でお腹を満たすのが嫌な人間なので、むしろLCCのほうがいいです。

しかし、その価格故に、かなり怖い経験をすることもあります。
今回はそんなLCCのフライトキャンセル(欠航)について、先日経験したので書きます。

 

その連絡はある日突然やってくる

他の会社でフライトキャンセルの経験がないのですが(そもそもなかなかないだろ?)、
国際線のフライトキャンセルって結構重大ニュースな気がしますが、
なんとメール一本で連絡がきますw

Dear Valued Guest,

Thai AirAsia X would like to advise that flight XJ606, scheduled to depart from Bangkok International Airport (DMK) to Narita (NRT) on 14 September 2015, has been CANCELLED. Your flight has been moved to flight XJ600 on 13 September 2015 Please find the new departure time below.

NEW DEPARTURE TIME

Depart from Don Mueang International Airport (DMK) : 11.45 PM. (23:45 LT.)
Check-in on 13 September 2015 at 08.45 PM. (20.45 LT.)
Arrive at Narita International Airport (NRT) : 08.00 AM. (08:00 LT.) (+1)
Arrived on Sunday, 14 September 2015

こんな感じで、ある日突然メール1本でフライトキャセルのアナウンスがきます。
実はこのメールに気がついたのも、着信後3日後くらいでした。
普段あまりGメールは丹念にチェックしないので、埋もれに埋もれていました。

これ、帰国便だったらまじで危ないです。
まあ、海外でGメールチェックしないし、そもそも日程動かせないから、フライトキャンセル事態が恐怖。

 

フライトキャンセル時の救済策は3つ提示されます

フライトキャンセルがアナウンスされているメールには、エアアジアから3つの救済策が提示されていて、
こちらはその選択肢の中から自分にあったものを選択することができます。

その①

Move flight: You may move to a new travel date on the same route within 14 days of the original flight date, without any additional cost, subject to seat availability.

フライトの変更です。
14日以内で同じ航路であれば無料で変更が可能です。
ぼくの場合は、エアアジアの方で自動的に近くの日程の便に振り分けられていましたが、
そこからさらに自分で変更することができます。
ただし、フォームがあるわけではなく、問い合わせフォームからか電話になります。
電話はかけたことないのですが、常にパンクしているのでなかなか繋がらないそうです。

 

その②

Credit shell: You may retain the value of your fare in a credit account for your future travel with AirAsia. The credit shell is valid for 90 days after it has been issued.

これはあまり日本的なシステムではないですが、バウチャーに変えてもらえます。
90日以内であればそのバウチャーを使って、他の航路で利用できます。
バウチャーが足りなければ、不足分を足して利用することが可能です。
この選択肢をとる方はあまりいないんじゃないかと思います。

 

その③

Refund: Obtain a full refund.

まさしく、「返金」ですね。
エアアジアは予約後のキャンセルはできません。従って、通常エアアジアから返金される機会はないのですが、
エアアジア都合のフライトキャンセルの場合はさすがに返金対応もあります。
出発前であれば選択肢の中に入るかもしれませんが、帰国便であれば選択しづらいですね。

 

LCCの利便性とそのリスク

非常にコスパの良いLCCですが、やはり価格に見合っただけのリスクもあります。
「機内食がない」「ブランケットがない」「飲み物も有料」などのサービス面は良いとして、

・英語メールである日突然フライトキャンセルの連絡がくる
・フライト変更もメールで対応が必要になる。(日本語対応可能らしいが、英語の方が早い)

今回気になったのはこの辺りですね。

海外渡航経験があまり無いとか、高齢/小さな子どもがいるとなると、厳しい旅になってしまう可能性がありますね。

 

それでもぼくは乗るけど

ぼくは旅にはトラブルが付きモノというか、何か起きたほうが面白いので、LCCに乗り続けます。
安いし、CA可愛いし、搭乗前の機内音楽がEDMだし(笑)
安い時だと往復25,000円くらいでいけるので、これを経験しちゃうと他の飛行機乗るのが馬鹿らしくなっちゃいますね。

たしかこの時の結構理由は「お客さんが集まらなかったから」でした。
LCC怖い。

 

にほんブログ村 タイナイトライフ情報(ノンアダルト)

気になるパタヤコーデはこちらでチェック→パタヤでモテる服装はコレ①

気になるパタヤコーデはこちらでチェック→パタヤでモテる服装はコレ②

気になるパタヤコーデはこちらでチェック→パタヤでモテる服装はコレ③

→パタヤお悩み相談始めました!気になる方はこちらをクリック!

面白くなくてもシェア!