1杯120バーツのビールをタダで飲む方法を教えます(その①)

いらない海外保険に入るその前に見て!

まだ海外旅行保険で消耗してるの?


follow us in feedly

style=”display: block;” data-ad-slot=”4696170768″ data-ad-format=”auto”>



 

ぼくの大好きなサンミゲルズライトをタダで飲む方法を考えてみました。

1杯120バーツをどうどのように稼ぐか?

考えてみました。
120バーツ=412円(11/23現在)をどうやって短期旅行者が稼ぎ出すか。

就労、ワーホリ、バイト、立ちんぼ、、、

海外での稼ぎ方はいろいろあるけど、1週間そこそこタイに居るだけではそんなに稼ぐことができませんし、
ビザ的に雇ってもらえません。雇われても、もし見つかればそれこそタイに再入国しづらくなります。

どうしたら、120バーツをひねり出すことができるのか?

サトウ的120バーツの稼ぎ方

ぼくにできることを、タイでやった結果、それがビールにつながれば最高に幸せじゃないか・・・

また、ここで1回整理しますが、「稼ぐ」というスタイルではなく、「交換」というスタンスであれば出来るんじゃないかということに気が付きました。

では何をしたのか・・・

ぼくが見つけたモノは「夜の日本語教師」でした。

IMG_1884
これは借りた教本です(笑)

 

「知りたい」と「飲みたい」というwinwinの関係を紡ぎだすパタヤ

日本語知りたいんですよね〜みんな。
やっぱり日本人観光客多いし、日本人優しいし、相手シたいんでしょうね。
なので、「日本語教えて!」よく言われます。

最初は「へーへー」と教えていました。
「こんにちわー!」、「元気ですか〜?」などの基本的な日本語を。

ここでなんとなく、「日本人がもっとお金出してくれる日本語知りたくない?」と聞いてみたところ、
みんな目が「キラーーン」と輝きました。

※内容は企業秘密です。

ここでヒラメキました。

今までの時間は、学研チャレンジでいうところのお試し期間。
楽しくいい思いをタダでさせておいて、あとでがっつりお金を徴収する。

「そんなに日本語知りたければ、ビールおごってよ」

その図がこちらです。

IMG_1889

なんと、ノートとペンを持ってきて、学習会が始まりました(笑)
この時は、ビールを奢ってもらったことより、こんなひなびたバーで、よもや日本語を教えていることに興奮したのを覚えています。

 

IMG_1886

もうやりませんが(笑)

非常に勉強熱心だったので、疲れました。
正直、ビール1本の対価に合っていない、コスパ最悪です・・・
やっぱりお金を稼ぎだすというのは、難しいのだなと思いました(完)

日本語教えて欲しいタイ人は多いので、気になる方は試しに聞いてみてはどうでしょうか?
この本があると非常に教えやすかったですよー

にほんブログ村 タイナイトライフ情報(ノンアダルト)





面白くなくてもシェア!