タイパタヤ格安ツアーで観光するなら行くべき観光スポットまとめ【予算目安付き】

いらない海外保険に入るその前に見て!

まだ海外旅行保険で消耗してるの?

タイ/バンコクへ年末年始や長期休暇で旅行に行く方、たくさんいると思います。

パタヤはバンコクから車で2時間です。
アユタヤや水上マーケットに飽きたら行ってみましょう。

なぜパタヤをオススメするのか?

バンコクになくて、パタヤにある良さを簡単に書きます。

◯時間がゆっくり流れている。
パタヤ特有の時間が流れています。
ぼくは表現する時には、「けだるい時間が」が流れているといいますが、
生気がなくなります。しかし、そこには極上のリラックス空間があるんです。
パタヤタイム(パタヤ時間)を満喫できれば、人生3倍楽しくなります。

◯「何もしない」ことを「する」
こんなことが成立するのがパタヤです。
海外旅行って何しますか?休みできているのに、日本にいるときより疲れませんか?
観光スケジュールに挟まれ、遅れの許されない団体行動を強制されていませんか?
ここパタヤでは何もしないことを堪能できます。
これが一番贅沢な観光です。

◯お店のゴリ押しがない
インドやカンボジアで、嫌な気持ちになるほど、押し売りされて事無いですか?
タイ、特にパタヤではほとんどそんなことはありません。
こっちが心配になるくらい商売ッケが無いです。
逆に買いづらい、入りづらいから声を欠けてくれと思うことさえあります。

◯物価が安い
バンコクも安いですが、パタヤはさらに安いです。
食べ物も半分くらいの値段でいいものが食べられます。
マッサージであれば3分の1くらいで施術を受けることができます。

◯実はそんなに暑くない
バンコクは暑いです。
ビルとアスファルトと車とでこもった熱で、灼熱のコンクリートジャングルです。
パタヤだったら海風と、風が通るSoi(路地)のお陰で、涼しい風が流れて気持ちいいです。
それに暑くなったら海やプールに入ればさっぱりします。

パタヤはコンパクトシティです。
乗合バスで30分もあれば全部回れますが、観光スポットもたくさんあります。

パタヤツアーでパタヤ観光する際にオススメするスポットをまとめました。
ぜひツアーの参考にしてください。

The Sanctuary of Truth in Pattaya(真実の聖域)

(予算目安2000円)

By:
Swaminathan

パタヤ定番中の定番観光スポット、サンクチュアリオブトゥース(真実の聖域)です。
別名「東南アジアのサグラダファミリア」とも呼ばれています。

なんとこの建物、釘を一切使わずに建てられています。
1981年から建設されていますが、未だに完成していません。
今も、行くと建築作業が進められています。

Sanctuary of Truth 5

Flickr/Sanctuary of Truth 5

おびただしい数の木彫の彫刻で覆われていて、見ているものを楽しませます。
一つ一つが精巧に作られた神話の神々や、その物語に出てくる者達で構成されており、
馬の化身や象の化身など、探しているだけであっという間に時間が経ちます。

sanctuary21

Flickr/sanctuary21

sanctuary4

Flickr/sanctuary4

もちろん遺跡以外にもアクティビティがあります。
像に乗って遺跡内を散策したら、馬車に乗ってゆったりと観光もできます。

【基本情報】
◯アクセス
パタヤ市内からバイタクで50〜60バーツで行くことができます。
それ以上ふっかけられたら止めましょう。
ソンテウであれば100〜200バーツ以内で行けます。人数が多ければソンテウの方が安く行けます。
また、帰りの交通手段は事前に相談しておきましょう。
ないと遺跡の出口付近にいるタクシー業者にボラれる可能性があります。

◯営業時間
毎日8:00〜17:00

◯入場料
500バーツ

◯地図

ラン島(コーラン)

【予算目安1000円】
タイのビーチリゾートと言えば、パタヤビーチですが、パタヤのビーチは恐ろしく汚いので、入らないことをおすすめします。
しかし、舟で30〜40分行くと、非常に綺麗な浜とビーチのある、ラン島があります。
ラン島であれば海も格別に綺麗で楽しめます。

Ko Lan, Pattaya, Thailand

Flickr/Ko Lan, Pattaya, Thailand

Boat taxi to dream beach on Ko Lan Island off Pattaya Thailand

Flickr/Boat taxi to dream beach on Ko Lan Island off Pattaya Thailand

日光浴をしながらまったりとした時間を過ごしてみては行かかでしょうか?
ラン島も様々なアクティビティがあります。
シュノーケリングをしたり、シーウォーカーで海底散策をしたり、ベタなバナナボートで水上を滑走したりできます。

【基本情報】
◯アクセス
パタヤ市内からは、パタヤ埠頭から舟に乗って行く方法と、ビーチに点在しているスピードボート屋さんにお願いして渡る方法があります。

・普通船:往復30バーツ

・急行線:往復150バーツ

・スピードボート:2000バーツくらい

◯地図

シラチャータイガーズー

【予算目安2500円】
パタヤ市内からは少し離れてしまいますが、シラチャーとい地域にある、タイガーズーです。
タイガーズーですが、とんでもない数のワニやその他生物がいます。
バンコクとパタヤの中間にあるので、帰りに道によったりするといいかもしれません。

Sriracha Tiger Zoo

Flickr/Sriracha Tiger Zoo

Adopted Parent

Flickr/Adopted Parent

日本では見たことない数の虎がいます。
そして何故か虎が豚と生活しています。(笑)
何故かいつも穏やかに豚と虎が同じ織の中にいて不思議に思います。でも、とても癒やされます。

そしてここで外せないのは、アリゲーターショーです。

Head in the Croc

Flickr/Head in the Croc

Throat examination

Flickr/Throat examination

このアリゲーターショーが本当にすごいんです。
ぼくの友人は途中でハラハラしすぎ、全く楽しめていませんでしたw
日本では見ることのできない、ぶっ飛んだショーを是非見てください。
ショー鑑賞は入場料金に含まれているので追加料金なく見ることができます。
ショー終了後に希望者はワニと写真を撮ることができます。(別料金)

他にも、ワニ釣りやサソリ女とツーショット写真、虎の赤ちゃんにミルクやりと、日本ではできない体験盛りだくさんです。

【基本情報】
◯アクセス
パタヤからタクシーで30分ほどです。
ぼくはソンテウで行きましたが、途中の高速道路で死にそうになったので、お気をつけを。
帰りの足も確保しておいたほうが良いです。
ボッタクられるならまだしも、タクシーもソンテウも無にもいない時があります。
そうなったら遭難です。

◯営業時間
8:00〜18:00

◯入場料
350バーツ

◯地図

タイマッサージ

【目安予算700円】

Backwards flying

Flickr/Backwards flying

こんなハードなタイ古式マッサージはしませんが、パタヤならバンコクよりも格安でマッサージを受ける事ができます。
相場は200バーツからですが、ソイブッカオという通りなら1時間100バーツからマッサージを受けることができます。

こんな感じです。
IMG 2027

関連記事→【女性必見】実はパタヤはマッサージ天国なので、さっさと行きましょう

実はパタヤはマッサージ天国なので女性にオススメなんです。
スパもあるし、オイルマッサージもドクターフィッシュもあって、疲れた体をリフレッシュするのに最適です。

半日観光もオススメです

ガッツリ数週間パタヤにステイする方もたくさんいますが、最初は半日観光でもいいと思います。
朝出発して夕方バンコクに向かえば、1日パタヤを満喫できるし、夜はさらにバンコクで遊べますよ。

格安ツアーを利用すればさくっと行って帰ってこれるのでオススメです。
☆バンコクからパタヤの格安ツアーはこちらから

「パタヤが良いな〜」なんて思い始めたら、泊まってガッツリ遊びましょう。
一大観光地なのでホテルも非常にたくさんの選択肢から選択できます。
高級ホテルから、安いけど渋いホテル、バックパッカー向けのゲストハウス、高級ヴィラなど。

☆【未体験ゾーン】パタヤではヒルトンホテルよりヴィラ(貸別荘)がオススメなんですよ!
☆1泊2000円以下で泊まれる、パタヤのホテル3選
☆パタヤでモテたいなら、クリスマスくらい良いところに泊まりましょう。

最近はAirbnbでも、パタヤの部屋が増えてきています。
ホテルではなくて、現地の人の部屋を借りたり、シェアハウスできたりします。
長期間借りるとディスカウントされたりするのでオススメです。

参考記事はコチラ→パタヤ物件急増中!Airbnbで泊まれるパタヤの部屋を調べてみた件。


style=”display:block”

data-ad-slot=”1152859968″
data-ad-format=”auto”>

☆タイ/パタヤのおすすめホテルはこちらから。

面白くなくてもシェア!