タイでMERSウイルス感染者!今知っておきたい「MERSってなんだっけ?」

いらない海外保険に入るその前に見て!

まだ海外旅行保険で消耗してるの?

友だち追加数

タイでMERSウイルス感染者が出たようです。
あれ?でもMERSって聞いたことあるけどどんなものかワカラナイ(´・ω・`)

これからタイに行く方もタイにいる方も、もう一回MARSについておさらいしてみましょう。

【2月2日速報】
タイでジカ熱の感染者が出ました。渡航の際には注意をしてください。
タイでジカ熱感染者発生!タイ国内感染の疑い。

コチラもオススメ→タイでMERS感染者が出たので対策と予防法をまとめてみた。

タイでMERS発生!今知っておきたい「MERSってなんだっけ?」

タイ国内においてMERSウイルスに感染した70代男性が発見されました。

詳しい状況はまだ分かりませんが、

タイ政府は、中東のオマーンから入国した70代の男性が重い肺炎などを引き起こす「MERSコロナウイルス」に感染したと発表し、男性との接触が疑われる人に感染の兆候がないか調べています。
タイの保健省によりますと、感染が確認されたのは中東オマーンの71歳の男性で、熱や咳の症状が治まらないため、今月22日に家族と共に診察を目的にタイに入国したということです。
男性は、治療に訪れた首都バンコクの病院で行われた検査で、MERSコロナウイルスの感染が確認されました。
タイでMERSコロナウイルスの感染者が確認されたのは去年6月以来2例目で、男性は現在、バンコク近郊の別の病院で治療を受けていますが、容体は安定しているということです。
タイの保健省は、男性の家族や、タイに向かう旅客機の中で男性の近くに座っていた人、それに病院の関係者など、合わせて37人に男性との接触が疑われるとして、連絡を取るとともに感染の兆候がないか調べています。

今のところ他に感染者がいるかどうか分かりません。

MERSウイルスってなんだっけ?

MERSウイルスについてまずは確認します。

MARSとは・・・

2015年6月現在、中東地域及び韓国で感染拡大中の新型コロナウイルスである。肺炎(異型であるので診断に注意が必要)を主症状としており、死亡率が40-50%前後と非常に高い。2002-03年に流行したSARS(サーズ)コロナウイルスとは類似しているものの異なる種類であり、SARSの死亡率は約9%前後であった。

出典:ウィキペディア

中東呼吸器症候群であり、新型のコロナウイルスです。
なんと、2015年6月現在、感染者は1200人を越えていて、死亡者は450人近くに上っています。

もともと動物の体内にいたウイルスが、変異してヒトへ感染し始めたと言われています。

MERSの症状

MERSウイルスに感染すると下記の症状が現れます。

・発熱

・せき

・息切れ

・下痢

2週間ほどの潜伏期間を経て、症状が現れます。

多くの場合は肺炎の合併症を引き起こし呼吸困難に落ち入ります。

MERSウイルスに感染しても、症状が現れない人、重症化しない人もいますが、
慢性疾患を抱えている人、高齢者などは重症化しやすく、致死率は40〜50%と言われています。

MERSウイルスに対する処置

現在、予防などのワクチンや治療法も確立されていません。

もし感染してしまった場合、

・患者の免疫に頼る。そのために人工呼吸器や点滴等による体力/免疫力を高める治療を行う。

・肺炎を引き起こすので、抗肺炎薬を使用する。

・患者に合わせた対処療法

明確な治療法がないのが実情のようです。

MERSウイルスの感染経路

MERSウイルスの感染ルートは主に3つとされています。

1,ヒトコブラクダ
ウイルスを持ったヒトコブラクダを触ったり、生乳を呑んだりする。

2,飛沫感染や接触感染
家族間や医療関係者などの濃厚接触感染者間の感染。
咳などに含まれるウイルスを吸い込んだりする感染。

3,病人の排泄物からの感染
ウイルスに感染している人の排泄物に接触して感染。

ただ、インフルエンザのように爆発的な感染力はないと考えられています。

タイでもしっかりMARS対策

タイでMERSウイルス感染者が発生されていますし、どこで感染するか分かりません。
自分でできるMARSウイルス対策をしっかりしていきましょう。

・咳やくしゃみをガンガンしている人に近づかない
まち中では難しいですが、飛行機内ではガッチリとマスクをすることでケアできますね。

・動物との接触をできるだけ避ける
タイだと象と触れ合う機会があったりすると思います。
あとは野犬とかなるべく触らないようにしましょう。

・こまめな手洗いうがい、手を消毒する
日本では建物の入口などに消毒用アルコール置いてあったりしますが、
タイではあまり見かけません。屋台料理なんかも美味しいですが衛生面が不安な方は自衛しましょう。
手ピカジェルなら持ち運びも簡単でおすすめです。

まとめ

免疫力が低下していない人には感染しづらいとされていますが、
もし感染してしまったら大変です。

しっかりとケアして、感染につながらないことが大切です。

タイでMERS感染者が出たのはこれで2度めですが、続報をチェックして楽しいタイライフを送りましょう。

【MERSに関する関連記事はこちらから】
【速報】MERS発生中のタイ、感染可能性の33人を隔離開始。
タイでMERS感染者が出たので対策と予防法をまとめてみた。


まだパタのサトウ
ぼくが本気で選んだホテルからオススメをピックアップ!  ★くちコミと価格帯で選ぶパタヤのオススメ優良ホテルまとめ

面白くなくてもシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です