パタヤとバンコクのシーシャ事情を解説します。

いらない海外保険に入るその前に見て!

まだ海外旅行保険で消耗してるの?

友だち追加数

先日シーシャに関するエントリーを書きましたが、
Twitterで良い情報を頂いたので今日はそれを。

【関連記事】
パタヤのシーシャが復活!いま吸えるのはドリンキングストリートですよ。

パタヤとバンコクのシーシャ事情は違うからご注意を

Twitterで@akashic2525さんからこんなリプライをいただきました。

バンコクとパタヤのSheesha事情の違い

バンコクも公に解禁にはなっていないですが、徐々に提供を開始しているお店が増えているようです。

参考記事
【2015年12月】バンコクシーシャMAP!

パタヤはバンコクよりもまだ規制があるようですね。

まだまだ全面解禁とまではいかないようですあ、パタヤでも少しづつシーシャを楽しめるところが増えてくると良いですね。

ということで、ドリンキングストリートには近づかないでくださいw

あんなとこ行ったって、全然楽しくないですよ!
女の子もなんかすげーヤバイ感じの子しかいないし、欧米人騒いでて怖いし、中東系の人はシーシャモクモクしてるし。

ウォーキングストリートから遠いし、日本人全然いないし、ビリヤード有料だし、朝までやってるし!

まー普通の日本人観光客は行かないだろうな〜。

場所もわかりづらいしね。

絶対に行っちゃダメですよ!


☆タイ/パタヤのおすすめホテルはこちらから。

面白くなくてもシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です