ドンムアンのタクシー待ち列で外人が前後で喧嘩し始めたので全力で知らないふりをした件

いらない海外保険に入るその前に見て!

まだ海外旅行保険で消耗してるの?





 【今注目の記事】
「まだパタ」ってなに?
まだ海外旅行保険に入ってる情弱っているの?
▶タイでモテたい人が最初に読むべきTips

 

ドンムアン空港のタクシー乗り場でタクシーを待っていたときのエピソード

ドンムアンのタクシー待ち列で外人が前後で喧嘩し始めた

ドンムアン国際空港にはタクシー乗り場が1カ所あります。
大概いつもタクシー待ちの人でごった返しています。

IMG 1831

タクシーを予約していない人は個々に並ぶか、外に出て流しのタクシーを拾うかです。
大きな荷物を持った人は外まで出るのが大変なのでここに並ぶ人が圧倒的に多いです。
(そもそも外へ出てタクシーを拾う方法が分からないと難しいし)

この日もそこそこ人が並んでいて、お腹が空いたので空港売店(Amazon)で水とパサパサのサンドイッチを買って列に並んでいました。

不安な要素はあったけども

まず僕が最後尾に並んだ時点で、前に並んだのは観光人観光客でした。
家族構成は父(50代)母(40代)娘×2(20代)位だったかと思います。
その家族、まあうるさかったんですが列が少し進んだあとに、母を列に残してどこかに行ってしまいました。
キャリーケースを積んだカートごとどこかに行ったので、荷物を出したり、なにかやっているのかなと思いました。

その母以外いなくなったあとに、ぼくの後ろにスペイン系イケメン三人組が並びました。
これが後の大げんかにつながるのです。
まだぼくはパサパササンドイッチをもそもそ食べています。

列に並ぶ文化的違い?

40分ほど経ったあとに、いよいよ前に並ぶ韓国人家族連れがタクシーゲートを過ぎる順番となりました。
ドンムアンのタクシーシステムは、タクシーゲートの係員に行き先を告げると、タクシーがマッチングされタクシーまで案内され乗車する仕組みです。
先ほど1人取り残されたお母さんが係員に行き先を告げ、案内を待っていると、急にお母さんが奇声を上げ始めました。

たぶん、タクシー列の外側にいる家族を呼んだんだと思います。

するとどこかで時間を潰していたであろう家族が、戻ってきました。

巨大なキャリーケースとともに

イケメン切れる、韓国人切れる、ぼくは悟る

その横から入ってくる家族は、大きなキャリーケースを運ぶキャリーを、並んでる大勢の人にぶつけながら、どかせながら悠然と突進してきます。
そしてついにイケメン3人組のところまで進んだところで事件が発生しました。

イケメンは多分、「何なんだお前ら!後ろに並べ!」的なことを、合流する三人の韓国人に怒鳴り始めました!
一歩も道を譲らないのです。

もうここからは普通に喧嘩です。

互いに、互いの言語で、意味は理解できないけれど罵り合っています。

ぼくを挟んで

もうね、係員止めろよと思ったけど、全く止めないのね。
なんなら「休憩できてラッキー♪」くらいに涼しい顔。

よし!ここは大和魂を見せるかと一瞬考えましたが、

ぼくが大学時代に留学するとき大学の先生に言われた言葉が頭をよぎりました。

海外でトラブルに巻き込まれないコツは無関心になることだ

ぼくは悟りました。

ぼくはこの大切なタイ旅行を無駄にしたくない。

よし、石になろう。

およそ5分だったでしょうか。
ぼくは一心不乱に石になって耐えました。

石になるって大変ですね。
5分が40分くらいに感じました。
永遠のような時間が過ぎていく中で、必死にこのあと待ち受けるサンミゲルライトの清涼感を思い出して耐えました。

海外でトラブルに巻き込まれないために

でもね、一番気を使ったのは「連れだと思われないこと」です。
全く無関係なのにアジア顔で一緒にされて、そのあとボコボコにされても嫌ですからね。

日本でトラブルに巻き込まれるのも嫌ですが、海外でトラブルに巻き込まれるのはもっと嫌です。
せっかくの楽しい海外旅行が一瞬で最悪な旅行に変わります。

ぼくは海外に行くときは仏モードに変わります。
絶対に怒らないです。

昔、飛行機に乗っているときに上の棚から謎の液体がポタポタ垂れてきて、着ている服がビシャビシャになりました。
しかしそこでぼくが怒って、こぼした人とトラブルになることを避けたい一心で、こぼれている事実を無視しました。
最終的には一緒にいた友だちが怒ってしまって、CAを呼んで対応してもらたことがあります。

そのくらい海外では仏モードです。

ぼくに向かってタンブンしてもいいですよ。

ワイ





面白くなくてもシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です