タイでモテるにはこの3つだけ守れば良いって話はしたっけ?

いらない海外保険に入るその前に見て!

まだ海外旅行保険で消耗してるの?





 【今注目の記事】
「まだパタ」ってなに?
まだ海外旅行保険に入ってる情弱っているの?
▶タイでモテたい人が最初に読むべきTips

「あれ?何でオレだけモテないんだろう・・・」と嘆いているおっさんに朗報です。
3つのポイントを守るだけで簡単にいけちゃうんですよねパタヤって。
おっさんは嘆く前に、モテない現実を改善しましょう。
今日は特別に3つのポイントに絞ってご紹介しますよ。

活目せよ!!

パタヤでモテるようになるその①

口臭いおっさんはスタートラインに立てない法則

口臭い奴はほとんどその時点で人生詰んでます。

モテるモテないの前のスタートラインに立てていないんですよ臭いと。
特にぼくが感じるのは口臭きついともうヤバイなと。
ストレス性の胃からくる腐敗臭もかなりきついけど、歯槽膿漏的な自分でケアしなかっただけで、地球に毒ガスまいているおっさんが多すぎる。
確かにストレス社会と言われ胃が腐ってる系の人もいるけど、それはまた別の意味で人生詰んでいるのでまあ置いといて。歯を綺麗にして保つってことに頓着がない人ってなんなんだろう。

これは超簡単ですよ。
ハードル低すぎる。口の中を徹底的に綺麗にすればいいんです。
でね、きっともう既に臭いおっさんってめんどくさがりで口がくさいんだと思うんです。
なのでぼくが使っている、口腔ケアが超簡単にできるものとその手順を紹介します。

まずはもちろんブラッシングは入念にしないと。
ぼくはもう10年くらい電動歯ブラシを愛用しています。なんたって歯磨きのスピードと完成度が手で磨くのとは段違いですから。
家で使う据え置きタイプはパワフルで、磨いていて気持ちよさすら感じる。湯船に浸かりながら歯磨きしてのぼせることも多々。

職場ではポータブルのを使っています。
(これは買ってなくて職場の懸賞であたってから愛用してます)
振動は据え置きタイプには勝てないけど、手で磨いていた時よりは快適ですよ。
持ち運び自在なんで海外旅行にも持っていけます。まだホテルのアメニティで歯磨きしている人なんているの?
色々種類はあるけれど、ドルツがオススメです。

で、ここからがワンランク上、言うならばスタートラインに立つと同時にスタートダッシュができるように、口の中を綺麗にしておきましょう。
ぼくはジェットウォッシャーで、今までの歯磨きの概念が変わりましたよ。
だって、自分の口がこんなにも汚いものを貯めこんでいるのを知らなかったから。

ジェットウォッシャーは水を圧縮して高圧にして、歯と歯の間や歯茎の中を洗浄することができる優れもの。
本当に始めて使ったときは衝撃でした。
歯磨きしてフロスもしたあとに使ったのに、歯と歯の間からカスが出るわ出るわ。今までコレを放置していたのかと・・
一番驚いたのは歯茎でしたね。
歯茎を綺麗にすると、びっくりするくらい臭い血がドバドバ出てきて「うぎゃーーー!」と自分の口からこんなに臭いものが出てくるとは落ち込みました。
ジェットウォッシャー使い始めの人あるあるですが、その臭い血もしっかりと続けていくと出なくなります。
歯槽膿漏予防にはマストバイとしか言いようがないので、さっさと口臭くて嫌われているおっさんは買っておきましょう。

歯磨き粉もかなり大切ですよ実際に。
まあ、種類がありすぎてちょっと選ぶの大変なんで自分に合ったのが見つかるといいですね。
ぼくなんかはちょっと口の中が弱いので天然由来のもの使ってます。
なたまめ歯みがきだと朝起きた時の臭いとねっとり感がかなり改善出来ました。
歯並びと歯は白いタイプなので、この歯磨きがいまのところベストセレクトに近いですね。

サクサク進んでいきますよ。




パタヤでモテるようになるその②

汗臭いおっさんはイミグレを抜けられない法則

スタンプ押さないで下さい本当に。
マッサージ屋で隣が臭いやつだったり、前の利用者が臭かったりするともうね。
たしかにね、ほのかに汗の臭がしたり服が臭くなるのは人間自然なことだからいいんですよ。
そのくらいの臭いならフェチ好きになってくれるかも。

まずはしっかりと体を洗いましょう。
でも、あれですよ、ギャッツビーとかその辺の高校生も使っているようなものじゃ、もはやおっさんの渋みは綺麗になりませんから。
柿渋石鹸でがっつり洗いましょう。これなら加齢臭も体臭もかなり改善されますよ。ぼくも妻からの評判が良いのはこれでした。薬局で売っているものより1,000円ほど高いですけど、それでパタヤでモテるものならパッと買ってしまえる値段ですよ。

しっかり洗ったあとはデオドラントも必須ですね。
特に脇からの汗は臭うのでがっちり予防しておかないとパタヤではモテません。
もはや有名になり過ぎた感はあるけど、デオナチュレはかなり最強の部類に入ります。コレ塗っておけば朝から晩まで臭いを抑えてくます。

体臭きついと、東南アジアでは絶対にモテませんよ。

あんなに暑い国なのに汗臭い人達とあまり会ったことないから、相当気を使っているのが分かります。
日本人ってあまり臭くない民族って思っているんですかね?
まあ欧米人やアフリカ人もかなり独特の臭いするけど、相応のケアをしてるんですよね。

パタヤでモテるようになるその③

独居房みたいなホテルではダメな法則

もうね、こんな当たり前のことを知らないおっさんが多すぎる。
独居房みたいな狭くてジメジメしたホテルで、チープなムーガタ食べて満足していちゃダメなんですよ。
先進国から来ているんだからそこはがっつりお金使わないと。

バンコクだったらペニンシュラとかザ・サイアムくらいに泊まらないと始まってないですよ。
パタヤだったら言わずもがなヒルトンとかウェイブに泊まってからお話を始めたほうが良さそうですね。

そもそも、パタヤなんかは宿泊費は非常に安いです。
バンコクに比べても数万円は安く泊まれるのでその分いいところに泊まったほうがモテますよ。
「どこに泊まってるの?」って聞かれて「DkkyoBowだよ」なんて行った日には、かなり恥かきますから。

モテるのって万国共通で、「スタートラインに立つ」ことが重要です。
こんなの超簡単なのに何故かできないおっさんが多いんですよね。まあ、コチラとしては競合が減るんでいいんですけど、日本人の価値を海外で下げないでほしいので改善しましょう。

たった3つのことを守るだけで格段にタイでモテますよ。テクニックなんていらないんです。

臭くない金払いの良いおっさんはモテる。

ちなみに個別の攻略法なんかはこちらにまとめています。
もっと知りたいモテたい騒ぎたい方はnoteのぼくの記事をご覧ください。
いまならまだ500円で販売しています。(100円から500円に値上げしました、売れていくとどんどん値上げするので早めの購入をオススメします)





面白くなくてもシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です