パタヤソイ6を解説、営業時間・相場/システム・日本人が遊びやすい店など【写真/動画つき】

いらない海外保険に入るその前に見て!

まだ海外旅行保険で消耗してるの?



パタヤソイ6マスターのサトウakaサンミゲル腹です。
パタヤにはたくさんのバーがあります。
これからパタヤへ観光やバカンスに行かれる方でソイ6に興味を持たれている方も多いはずです。
きっとWeb界隈の情報では「置屋」とだけ書かれていることが多いですが、
ただ、ぼくはこの情報はうんこだと思っているのでぜひぼくの話を聞いていただければなと思います。

あと、どうでもいいけど、なんで日本人って集団行動してると下衆かつ気が大きくなっちゃうんですかね?
まったり飲んでる日本人もいるんで邪魔しないでおくれ。

パタヤソイ6の場所

パタヤソイ6(Soi6)は、パタヤビーチとセカンドロードの間の路地に位置しています。
ちなみにパタヤのソイ(路地)の数え方は、北からソイ1ですので、ウォーキングストリートに向かってソイの数が増えていきます。
また、特にソイ6とソイ7の間にはパタヤセントラルロードがあるので、歩いて行くにはちょっと時間がかかります。
ウォーキングストリート方面から向かう場合は、セカンドロードをソンテウで北上、アマリホテル方から向かう場合はビーチロードを南下してください。

昼ごろいくと普通のバーが並んでいるので若干わかりづらいですが、夜に行くとまさに怪しさ満点ですぐに分かります。

IMG 2478 2

パタヤソイ6の営業時間

パタヤには無数のバーがありますが、意外と夕方から営業するところが多いです。
もしくは営業はしているけど、バービア群の中でひっそりと1店舗だけ開いているとか。
しかしこのソイ6の営業時間はかなり早くて、

13:00〜01:00 までの12時間ぶっ通しで営業しています。

始まりの時間も終わりの時間も、パタヤ時間にしてはけっこうきっちりしていて、時間になるとさくっと終わってしまします。
大体13:00頃に行くとみんなお昼ごはんをダラダラ食べながら化粧をしているのでそこに混ぜてもらっても楽しいですね
(もはやぼくは相手にもされません・・)
関連記事:パタヤSoi6で毎日13時から飲んでたらご飯を恵んでくれるようになった話

なので、昼過ぎからゆっくりとオープンバーで飲みたい方には、実はオススメなんです。
ビールも安ければ1本90バーツ位で飲むことができます。

パタヤソイ6のシステム

ソイ6も基本的にはバーです。
ただ他の地域のバーとの違いは、2階が小部屋になっているという点です。
つまりは置屋です。外国人はショートタイムバーというそうです。

簡単に書きますが、1回1000バーツで1回デキます。
それプラス部屋代が300バーツ程度なので、1300バーツ程度で1回デキます。
それに飲み物を飲んだら追加されるというシステムです。

さらに基本的に、この周辺のバーのシステムは2階でコトを済ますというシステムですが、外に連れ出すこともできます。

お店によりシステムはまちまちですが、一旦外に釣れ出すとその子はその日お店に戻ることはありません。

ペイバー代金(連れ出し料金:バーにペイするから、ペイバー)は、これもお店によってまちまちですが、
21:00までは800〜1000バーツ、21:00以降は500バーツ程度です。
またそれにプラスで、連れ出した子には言い値でチップを払う必要があります。
10人位に聞いて調査しましたが、概ね1500〜2000バーツで「朝まで一緒よん♡」とか言ってましたからその程度で済むのでしょう。

この辺りはお店ごとにきっと違うはずなので、利用したい方は事前に確認をとっておきましょう。



また、ぼくみたいに何もしないでただボーっと飲んでたり、ご飯を食べているだけの客も歓迎のお店と、「女を買わないなら出て行け」というバーもあるので自分のコンセプトに合ったお店に行きましょう。
(たぶんだけど、室内席しか無いようなお店にその傾向が強いと思います)
初回はどんな店でもかなり営業されると思いますが、断り続けれると営業はなくなるのでゆっくり飲めます。

パタヤソイ6の雰囲気を動画で

ソイ6の左右に無数のバーが並んでいます。

全部が全部そうとも言い切れませんが、ビーチロードから通り抜ける場合、向かって右側のバー列は比較的入りやすいです。
向かって左側のバーは、店の前に車やバイクが駐車してあることもあって入りづらいです。
なんとなくの雰囲気ですが、ビーチロードからソイ6を向ける場合は左側のバーの方が良さげなバーが多い気がします。

パタヤソイ6で日本人でも楽しめるお店

初見の方が行っても大丈夫そうなお店を2つご紹介します。

Rudy Club Pattaya

Roxy Club

なぜこの2店かというと、

・いつも大勢のお客さんがいる

・英語の喋れるスタッフが多い

・そこまで東南アジア臭のする顔のスタッフはいない

ソイ6くらいになると、あまり英語も喋ることのできるスタッフがいない場合もあります。

ぼくのオススメはRoxyClubですね。
ここはいつ行っても大型ロシア人とおじいちゃんがいるので、ちょいちょい絡みながら飲むのも楽しいです。
あとは、店の手前はオープンバー、店の奥は店内カウンター席になっているので、暑くなり過ぎたら室内に避難して飲むことも可能です。

パタヤソイ6の楽しみ方ポイント

これは超簡単です。

ポイント:さくっととりあえず店に入る。

というか、事前にタイブログ界隈でソイ6についてリサーチしたら、よく出てくるのが「ソイ6は何周もして店を決める」って書いてあるんだが、
飲みながらお前らのこと見て笑ってるから気をつけたほうがいいよ。
こっちから見てるとマジで鼻の下伸びたゾンビにしか見えないから
まあこれは日本人だけに言えたことじゃないんだけどね。ファランもコリアンも、本当に5往復ぐらいしてお店に入るの躊躇している人とかザラ。
未成年がコンビニでエロ本買うんじゃないんだから、さくっと店入って、ビール飲んでリラックスしましょう。

ポイント:嫌なものは嫌と断る

散々ソイ6の良いところを書いてきましたが、ちょっと難しいところもあります。
けっこう厄介な女もたくさんいるところです。
慣れれば回避方法もあるし、絡まれにくくなるんだけど、初見で優しそうな日本人なら間違いなく厄介なことに巻き込まれます。

ex:かぶっていた帽子を取られて、店内に投げ込まれて「1杯奢らないと返さない!」と叫ばれる。

ex:後ろから走ってきてそのまま子泣きじじいスタイルで喚かれる

ex:とんでもない力のレディーボーイ先輩に、腕が潰れんばかりの怪力で店に引き連りこまれる。

ex:店の前を通りかかっただけで、ピコピコハンマーで殴打される

などなど、初見でこれやられたら絶対にこの通り嫌いになるようなこともされます。
この時やっちゃいけないのは、「日本人スマイルでヘラヘラする」「何言ってるか分からないからとりあえずイエスイエス」とかやってたら最悪です。
実際に、かなりまずい状態になっている日本人やドイツ人の仲裁に入ったことがあります。
なので、しっかりと嫌なものは嫌と断ってOKです。
この界隈の人達は、No!と言われていることに慣れているので、しっかりと意思表示をしましょう。

パタヤソイ6の注意点

前述も注意点っぽくなっていますが、実は最重要注意点があります。

・レディーボーイはたくさんいるよ

まあ好きな人には問題無いと思いますが、普通の日本人にとっちゃー一大事です。
しかもこの界隈のレディーボーイは百戦錬磨の王者系レディーボーイなので注意しましょう。

間違っても馬鹿にしたり、中傷するような態度は取ってはいけません。
マジでヒールで後頭部を殴打されて、そのままさよならです。

特にパタヤソイ6と平行に並んでいる,ソイ6/1はレディーボーイが鎮座しているので、通り抜ける際は気をつけましょう。

パタヤソイ6まとめ

まあ、昼過ぎからワイワイ飲むも良し、ひっそりと飲むも良し、ごはんたべるもよし、英語を勉強するも良し。
毎日何か新しい発見があるソイなのでただの置屋街と思わずに、自分の楽しみ方を開発してみてください。

昼も楽しいですが夜もまた、怪しい雰囲気があってオススメです。

サトウは基本的にお昼にいますので、もしぼくの滞在とみなさんの滞在がかぶっていたら一緒に飲みましょうw

何か新しいソイ6の楽しみ方が見つかるかもしれません。

おわりっ



まだパタのサトウ




面白くなくてもシェア!

2 件のコメント

  • パタヤ情報、とても参考になります!
    本日から4日ほどパタヤにいきます。アレカロッジ滞在です。ソイ6によくいてらっしゃるのですか??僕はレディボーイ好きです!!

    • ゆうきさん
      はじめまして、パタヤ楽しんでください♪ぼくは日中はSoi6で飲んだくれています。
      レディボーイお気をつけ下さい。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です