ぼくはタイ音楽を歌ってタイ人と仲良くなります

いらない海外保険に入るその前に見て!

まだ海外旅行保険で消耗してるの?




タイ音楽好きです。
タイに行くと日本と違っていたるところで音楽が爆音で流れています。
バンドが生演奏しているバーもたくさんあります。
(バンドのレベルはまちまちで文化祭レベルのもあるけどそれはそれで楽しい)

タイ人と仲良くなりたければ、タイの音楽を歌えるなりましょう。

大概、上記のライブハウスやクラブ的なところに行くと、洋楽とタイ曲がミックスされます。
バーやゴーゴーバーに行っても同じです。
いくらエド・シーランが歌えてもダメなんです。
歌詞の意味が分からなくても大丈夫なんで、ノリで歌えるようになりましょう。
今日はその中でも最近良く聞く曲でかつ、何となく歌いやすい曲をピックアップしました。

ผู้สาวขาเลาะ – ลำไย ไหทองคำ

再生回数2億3千万越してるってどんだけみんな聞いてるんだこの曲怖い。
オリジナルが流れることもありますが、DJミックスもよく効きますね。EDMミックスで踊りやすくなっているのも好きです。
午前2時のパタヤルシファーで流れたらみんな熱唱してますね。私も好きな曲です。

แค่โสด- SOLOIST (ต้นฉบับ)

原曲はSpotifyにも登録されています。
タイHiphop?タイラップ曲ですがミックスになっているとよく分からないです。
これも非常によく流れます。
パタヤSoi8のローリンライブとウォーキングストリートのストーンハウスで演奏する若い方のチームがよく歌っています。




สิฮิน้องบ่- ສິຮິນ້ອງບໍ່ กุ้ง สุภาพร สายรักษ์

シヒ、シヒ、シヒノンボ〜〜!だけ覚えておきましょう。
この曲が流れた時に歌えれば間違いなくバカウケです。
意味はその場で聞いてみてください。合わせてウケルと思います。
ひゃっふーー。

แว้นฟ้อหล่อเฟี้ยว

ちょっと古いですがこの曲もまだまだ良く聞きますね。
冒頭の「ヌンフォーロフィアオ!」と独特なダンスを覚えてみましょう。

タイをより楽しむために音楽を

歌詞の意味は分かりません!
でも何となく口ずさむことができれば、結構簡単にタイ人と仲良くなることができます。
何となくですが、超最新の曲はあまり流行らない(@パタヤ)傾向にあります。
ちょっと古めの曲が今でもヘビーチューンされているのが現状です。

暑いタイでビールを飲みながら音楽を聞いてまったりしている時が最高に多幸感を味わえます。

味わえます!!




面白くなくてもシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です