タイ旅行が楽しくないと感じた方向けTips

いらない海外保険に入るその前に見て!

まだ海外旅行保険で消耗してるの?




タイは日本人に人気の高い国です。
ハマってしまえば毎月タイに行ってしまう人もいるとかいないとか(男女問わず)
私も隔月くらいのペースでタイに行っているのでハマっている一人と言えます。

そんな中先日、私の友人から立て続けに「タイってそんなに面白くなかった」「お前のハマっている理由が分からない」など、あまりタイを楽しめなかった報告をされました。
そんな話を聞いて私なりになぜ友人たちはタイを楽しめなかったのか分析しました。
タイ旅行に行って楽しくないなと感じた方向けの、楽しむためのTipsをご紹介します。

タイへの期待値が高まりすぎている

微笑みの国タイ。
安い航空券、コスパの良いホテル。
熱気あふれるマーケット。歴史的なアユタヤ。
安くて美味しい屋台タイご飯。
妖艶なタイ美人。親切なタイ人。

などなど、イメージは様々ですが色々な期待を持ってタイに行くと思うんです。
きっとタイにいく前に入念な情報収集をされていくと思います。
特に最近ではタイ観光や夜遊び情報などはWebで簡単に入手することができますから、きっとスワンナプームもしくはドンムアンについた頃には頭でっかちになっていることでしょう。

ひとまず、仕入れた情報をリセットしましょう。
タイ観光関連のブログやWebページは、タイが好きな人が書いています。
基本的にすでにタイという国に慣れた人が書いているので、初めて行く人が経験できる体験を超えた内容になっている可能性が高いです。
所詮(ひどい言い方)東南アジアですから日本とは違うのです。
ディテールを見ていけばそしゃあ満足しないです。
タイを受け入れて(宗教チックな言い方だけど)初めて楽しめることも出てくるかもしれません。

安いホテルには安いなりの理由があります。
130円のガパオライスに130円以上の価値を求めてはいけないし。
日本でテキーラ飲んだこともないクラブに行ったこともないのにタイで楽しめる?

私が考えるに、他の海外とくらべてタイは楽しめる相当イージーに色々楽しめます。
安全だし(他海外比)ご飯も美味しいし、比較的英語も通じるし。
ただただ期待値が高まりすぎていると、振り返った時に「あれ?なんか楽しくないな?」と感じてしまうのですはないでしょうか?

期待値が高まりすぎている方へのTips
・小さな成功体験を積みましょう
最初からド派手に楽しいことはきっとできないので、小さな簡単な体験を積みましょう。




語学力/コミュニケーショ能力について

あったほうがいいに決まっていますが、特に海外では現地語と英語が話せればその分楽しみやすさはイージーです。
またコミュニケーション能力の高いタイ人は多いので、いわゆるノリ悪日本人だとその分楽しめなくなるでしょう。

ここからちょっと失礼な話ですが、タイにいて日本語で話しかけてくるタイ人にろくな奴がいないということです。
概ね日本語を使って日本人に話しかけてくるタイ人はないかしらの悪巧みをしています。(主観Max)
私は基本的に日本語で話しかけてくるタイ人は全無視します。それで嫌なことの80%は回避できていると思っています。
タクシー乗って走りだしてから日本語で話しかけてきたときはとても後悔します。

英語はTOEIC800点レベルの英語はいりません。
600点くらいで「あれ?おれってこんな英語ペラペラだっけ?」という感覚を味わえます。
タイ語については、肯定/否定/希望くらいを伝えられるとガバっと楽しめる度がイージーになります。
指差し会話帳とかは持ってるだけでダサいから捨てましょう。

楽しみ方を考える

美味しい料理を食べる。
お寺に行く。
象に乗る。
買い物する。
マサージにいく。
女を買う。
男を買う。
楽しみ方は人それぞれでござる。

大概「超おすすめの!絶品ローカルタイ料理のお店!」とか「ここだけは行きたい市場5選」なんかは、行っても大して面白く無い事が多いように感じます。
私の場合は極度の天邪鬼なので、人が楽しいと言ったものは特段つまらなく感じるクソみたいな正確故ですが、きっと他人の楽しいは自分の楽しいに当てはまらない場合が多いです。

私が行き着いたタイでの最高の過ごし方は、何もしないでした。
観光地にも行かない、おすすめレストランにも行かない、ルーフトップバーにも行かない。
ただただボーっと人生の大切な一分一秒を無駄にパタヤに捨てるというのが最高の楽しみになりました。

楽しみ方を考える上では、少し長めの滞在をオススメします。
2泊3日では慌ただしくテンプレートタイランドを嵐のように過ごして、気が付くと成田空港の関税を向けた所にいるというパターンです。
5泊6日くらいがいいでしょう。
7泊超えるとちょっと飽きてきます。

タイ旅行をイージーに楽しもう

・頭でっかちになった情報を忘れる
・多少の語学力を見につける
・自分の楽しみ方を考える

事前に情報を仕入れるのはマストですが、最近よく情報に縛られて楽しめない人が増えているんじゃないかなと思います。
おすすめ情報や相場なんか自分の価値観や能力で変わるものだし、ボラれたってたかだか数千円の範囲で収まることがほとんどです。
ボッタクられたら個人的ODAをしたと思って、さらっと受け流しましょう。

あと、たぶん旅行中に1回もトラブルがないというのはつまらないかもしれないですね。
喧嘩に巻き込まれたり、瓶ビール持って追いかけられたり、空港で待ち伏せされたり、ディスコで蹴られたり。
色んなトラブルを楽しめるとまたタイ旅行が一層楽しいものになることでしょう。




面白くなくてもシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です